水素水の副作用はどうなの?効果と安全性を検証!

水素水の副作用について

テレビや雑誌で話題の水素水。

 

美容や健康に良いということで気になっている方が多いと思います。

 

でも・・・

 

「水素水って普通の水のように飲んでも大丈夫?」

 

水素水に興味はあっても安全性や副作用の心配もありますよね。

 

さらに、

 

「そもそも水素って身体にどうなの?」

 

「水素水をたくさん飲んでも大丈夫?」

 

 

などなど、水素水の副作用だけでなく、色々な疑問が生じると思います。

 

そこで、このサイトでは水素水のデメリットについて、薬剤師の視点から検証したいと思います。

 

 

そもそも水素って何?

 

今では水素水と言う言葉は当たり前のように使われていますが、
そもそも水素って何でしょうか?

 

ちょっと簡単に説明します。

 

水素というと高校の化学で元素周期表の中で
一番最初に出てきた元素で有名ですよね?

 

水素水に含まれている水素そのものは、
無味無臭の物質で人体に無害です。

 

元々、水素は食品添加物として厚生労働省に認められており、
認可後も継続的に検査が行われています。

 

水素が、美容や健康に良いと言われているのは
「抗酸化力」です。

 

つまり、

 

人は年齢と共に癌や糖尿病、脳梗塞などの病気を引き起こしたり、
シミ、シワ、そばかすなどの肌荒れの原因となる大元は「活性酸素」です。

 

活性酸素によって体が酸化(サビつくこと)で
病気になってしまいます。

 

この体の錆びつきを水素が抑える働きがあります。

 

難しい言葉で言うと「水素には抗酸化力がある」といいます。

 

水素水の抗酸化力で優れている点は、酸化力の強い悪玉活性酸素の
「ヒドロキシルラジカル」と「ペルオキシナイトライト」だけを除去してくれることです。

 

活性酸素と言っても、善玉と悪玉の2種類があり、
水素は悪玉の方だけを除去します。

 

本来、体には悪玉活性酸素を除去する作用が備わっていますが、
年齢とともに活性酸素を除去する能力が低下するため、病気やシミ、シワになってしまいます。

 

そこで、

 

低下した活性酸素を除去する能力をサポートするするために
抗酸化力の高い物質としてポリフェノールやビタミンC・Eなどサプリメントとして取ります。

 

でも、これらの抗酸化物質は善玉・悪玉問わず活性酸素を除去する場合があります。

 

しかし、

 

水素は悪玉活性酸素のみを除去できる特徴があるのです。

 

ですから、

 

抗酸化物質を摂るなら、水素水を積極的に飲んだ方が
体にとって優位になるのは想像がつくと思います。

 

 

水素水を大量に飲んでも大丈夫なの?

 

 

水素水は体に害がないなら、

 

「たくさん飲めばそれだけ効果を期待できそう!」

 

と思いがちですが・・・・

 

「本当に水素水を大量に飲んでも大丈夫なのでしょうか?」

 

 

体内に摂取された水素は、悪玉活性酸素と反応して水に変化します。

 

また、水素水で水素を多量に摂取した場合でも、余分な水素
は呼吸と共に体外に排出されるので問題はありません。

 

 

では、肝心な水素水の副作用は?

 

水素は厚生労働省に食品添加物として認可されているように、
基本的に副作用はありませが、まれにお腹がゆるくなる方がいます。

 

この症状を好転反応という方もいますが、
一時的な症状なので問題はないようです。

 

お腹がゆるくなる症状について調べてみると
体内の活性酸素を排出する際の効果によるもという意見や
便通を良くする効果のあるサルフェートが含まれている水素水を飲用したからだなど多くの意見があり
必ずしも水素水の問題とは言いきれないようです。

 

これらの反応が長期間続く場合は別の原因も考えられるため、
水素水の摂取を中止し、医師または薬剤師に相談してください。